紙の本か電子書籍か

どちらもメリットがあり、デメリットもあります。

紙の本

  • かさばる、重い、場所をとる
  • 電力がなくても読める
  • 購入した本は手元にある限り読める
  • 不要になった場合は古書店に売ることができる
  • 購入するために書店まで出向く必要がある、または通販した場合手元に届くまで時間がかかる
  • 「本を開く」のはすぐできる
  • 拡大や全文検索はできない
電子書籍

  • 場所をとらない
  • 電力(もしくは充電)が必要
  • 購入した本であっても、サービス終了や書籍に何らかの問題が発生した場合に読めなくなる
  • 不要になっても古書店へ売ることはできない
  • インターネット環境があればどこでも買うことができ、すぐに読むことができる
  • 「本を開く」までにデバイスを立ち上げ、アプリまたはブラウザを起動し…と段階を踏む必要がある
  • 拡大・全文検索ができる

かさばらないのは電子書籍…でもデータは簡単に消えてしまうし、現物の本は確実性がある…と悩むところですよね。

何度も読み返して手元に置いておきたい本は紙、古書店へ売ることも考えていない本は電子書籍と使い分けましょう。
特に雑誌はたまるスピードも速いので、収集しているのでなければ電子書籍がおすすめです。