電子

きのうのせかい

きのうの世界(文庫版) (下)

ジャンル 小説・文芸
著者名
おんだりく
恩田陸
レーベル 講談社文庫
出版社 講談社
発売日 2011年8月12日
初版発行日
電子版出版社
電子版発売日 2015年6月12日
ISBN 9784062770385
取り扱い書店

紙書籍/古書

取り扱い図書館を探す

地域指定   


※各図書館情報の取得にはカーリルAPIを使用しています。

閉じる

電子書籍

あらすじ

この町の秘密。
住人は塔のことを何も知らない。真実を隠すために、知らないふりをしているみたいだ。
死んだ男は、一つの謎かけを残した。

塔のある町が抱える秘密を住人たちは何も知らない。夜に塔を見てはいけないという町に伝わる不思議な教え。亀とハサミと天の川のステンドグラスが表す意味とは。殺された男は駅の掲示板に奇妙な貼り紙を持ち込み、誰かと連絡を取っていた。彼は町の秘密に触れてしまったのか。雨が降る。町の本当の姿が明らかになる。

焚き火と推理小説が好きな高校生の田代修平。彼はあの死んだ男と河原で出会い、「この町には天の川が隠されている」という謎かけを残された。塔と町を見守ってきた旧家の少女・和音とともにその死の真相に近づいていく――。

「大人はすぐに忘れてしまう。楽しんだことも。怯えたことも。傷つけたことも」
「それでいいのさ。続いていく、ということはそういうことだ」

9784062770385
アメトーーク!読書芸人,現代,日本,ミステリー・サスペンス
きのうのせかい

恩田陸
おんだりく
講談社

講談社文庫

2005年4月~2006年11月にかけて、『東奥日報』『信濃毎日新聞』『山形新聞』『岩手日日新聞』『日高新報』『茨城新聞』『神奈川新聞』『山陽新聞』『十勝毎日新聞』『宮崎日日新聞』『山陰中央新報』『福島民友新聞』『愛媛新聞』『岐阜新聞』『徳島新聞』に順次連載されたものを、単行本化にあたり加筆修正したもの

初出 2005年4月~2006年11月にかけて、『東奥日報』『信濃毎日新聞』『山形新聞』『岩手日日新聞』『日高新報』『茨城新聞』『神奈川新聞』『山陽新聞』『十勝毎日新聞』『宮崎日日新聞』『山陰中央新報』『福島民友新聞』『愛媛新聞』『岐阜新聞』『徳島新聞』に順次連載されたものを、単行本化にあたり加筆修正したもの
評価/受賞歴
キーワード
Amazonレビュー
メディアミックス
この本には異版があります。


シリーズ一覧

きのうの世界(文庫版) (下)


この書籍が好きな方におすすめの他作品